HOME > パル西尾報告 特別プログラム

定期水泳記録会             対象:アドバンスコース

テーマ 
①競泳に触れ競技力・競争心の成長 
②目標に向って一生懸命になる心の成長
③新たな目標の設定



パルスイミング西尾では、4月、10月度の年2回「定期水泳記録会」を開催しております。競技としての水泳に触れることで、子どもたちの関心や興味の幅を広げ、新たな目標や記録向上を目指す機会としています。
競技会形式で開催することで、子ども達の緊張も高まりますが、大会記録や、各種目の優勝を目指して一生懸命に泳ぐ姿や、頑張る仲間を全力で応援する姿が輝く、アドバンスコースの特別プログラムとなっています。

基本データ

主 催
パルスイミング西尾
対 象
アドバンスコース
参加者
アドバンスコース在籍会員
開催日
2018年10月29日(月)~11月3日(土)
会 場
パルスイミング西尾(レッスン内)




担当者 齋藤からのメッセージ


10月29日~11月3日に「定期水泳記録会」を開催しました。この記録会当日に向けて、10月のレッスンはスピードアップやスタート・ターン動作の練習を中心に行い、本番での活躍を目指した取り組み(練習)を進めました。その結果、今回は13個の大会記録が更新され、子ども達の頑張りが目立つ会となりました。
仲間とタイムを競い合うことの「楽しさ」、自己記録を更新できた時の「嬉しさ」、上手く泳げなかった時の「悔しさ」、もっと上手になりたいという「欲求」など、一つの記録会を通して様々な感情が生まれていきますが、そうした色々な想いを経験できるのも水泳の楽しさだと感じています。子ども達もコーチも「目標に向かって一生懸命になる」ことで、これからも楽しみを深めていきたいと思います。最後になりますが、応援にお越しくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。

タイムチャレンジャー(水泳発表会)    対象:ビギナーコース

テーマ 
①競泳に触れ競技力・競争心の成長 
②目標に向って一生懸命になる心の成長
③仲間と一緒にがんばる心の成長



パルスイミング西尾では、毎年9月度のレッスンを通して、年に一度の水泳発表会「タイムチャレンジャー」を開催しております。目標に向かって頑張る心、仲間を応援する優しさ、そして、競技としての水泳にチャレンジする楽しさ。日頃の練習を通して身に着けた水泳を使って、発見を楽しむ取り組みと捉えています。一生懸命に頑張ってくれる子ども達の姿が輝く、ビギナーコースのプログラムです。

基本データ

主 催
パルスイミング西尾
対 象
ビギナーコース
参加者
ビギナーコース在籍会員
開催日
2018年9月24日(月)~9月29日(土)
会 場
パルスイミング西尾(レッスン内)




担当者 牛田からのメッセージ


9月24日(月)~9月29日(土)にかけて、タイムチャレンジャー(水泳記録会)を開催しました。発表会で泳ぐ種目の確認、スタート、ゴールの練習、スピードアップ練習、予行演習など、発表会に向けて1か月の練習を行いました。みんなの前で泳ぐドキドキ・ワクワクの緊張感を乗り越え、泳ぎ終わった子ども達は、お父さん、お母さんの元へ駆け寄り、満面の笑みで自慢する姿も・・・ この発表会が少しでも子ども達の自信に繋がってくれれば幸いです。
また、個人に限らず、仲間を『がんばれー!!』と一生懸命に応援してくれた子ども達、プールサイドで一緒になって応援をしてくださった保護者の皆様、とても温かい雰囲気の中で、タイムチャレンジャーを開催することができました。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!これからも皆様に楽しみにしていただける発表会の開催に努めて参ります。

着衣泳体験レッスン
対象:ビギナーコース/アドバンスコース

テーマ【水難事故に対する安全意識の向上】 命を守る学習/着衣泳(体験)/水難事故の撲滅
子ども達だけで海や川に遊びに行かない! 浮くものを投げる救助! 浮いて待つ!



パルスイミング西尾では、毎年6月にビギナーコースとアドバンスコースを対象に着衣泳体験を行っております。夏休みが始まり、水に触れる機会、水辺に赴く機会が増える時期を前に、着衣泳体験を通し「水の怖さ」や「着衣状態での泳ぎ難さ」を体感することで水難事故の予防に努めております。
水の楽しさと、上手な付き合い方をお伝えできるスイミングで在りたいと考えております。

基本データ

主 催
パルスイミング西尾(レッスン内開催)
対 象
ビギナーコース / アドバンスコース
開催日
平成30年6月25日(月)~6月30日(土)




担当者 牛田からのメッセージ

パルスイミング西尾ではオープン以来20数年、この着衣泳体験を継続しています。大好きな水泳、大好きな水で命を落とすことがないように・・・そんな思いから、着衣泳体験の開催にあたっております。
年齢や泳力に分け、子ども達に適したプログラム提供に努めておりますが、最も強くお伝えしていることは「子どもだけで海や川に遊びにいかないこと」です。コーチからの発信と、体感した難しさが、子ども達の「予防力」や「対処力」に繋がれば幸いです。
最後になりますが、服の準備をはじめ、プールサイドで応援を頂きました保護者の皆様、ご協力誠にありがとうございました。子ども達の命を守る学習として今後も大切に進めさせていただきます。