HOME > パル6・3報告 特別プログラム

4シーズンプログラム ウォーターポロ / ビギナーズコース

テーマ 1年で最後のプール!ウォーターポロではじけよう! 2018/12 




パル6・3に欠かせないプログラムの1つが「ウォーターポロ」(水球)です。4シーズンプログラムの一つとして、毎年12月度に開催を進めています。練習、そして、最終週の試合を通して、子ども達に「水泳の楽しさを伝えたい」水球ならではの動きを通して「感覚を磨いていきたい」そして、チームプレーを通して「人と関る力を育んでいきたい」という願いを持って開催にあたっております。

基本データ

主 催
パルスイミング6・3
対 象
ビギナーズコースのお子様
参加者
ビギナーズコース
開催日
12月度1か月間(通常レッスン)
会 場
パルスイミング6・3

月曜日 優勝チーム 火曜日 優勝チーム 水曜日 優勝チーム 木曜日 優勝チーム 金曜日 優勝チーム 土曜日A 優勝チーム 土曜日B 優勝チーム

担当者 中村祥子からのメッセージ


1年の最後を締めくくる12月は“チームの勝利”を合言葉に、子どももコーチも全力になって“水球”「ウォーターポロ」に取り組んでいます。通常のレッスンでは泳力を基準としたクラス編成を行っておりますが、このウォーターポロでは戦力の均一化と、異学年の交流を大切にしたいという思いから、縦割りのクラス編成を行い、プログラムを進めております。一般的に縦割り(色んな人と多く関わる環境)は「人と関わる力が育まれる」と言われていますが、このウォーターポロでも、年長者が年少者を思いやる動きや、年長者の動きを真似しようと一生懸命になる子ども達の姿が生まれていきます。競技、スポーツとしての経験だけではなく、人との関りを通した発見を楽しめるプログラムとして、これからも年末の熱い戦いを楽しんでいきたいと考えています。2019年の開催もぜひ楽しみにお待ちください。

水泳発表会 / ビギナーズコース
定期水泳記録会 / レギュラーコース

テーマ 目標を立てる事により、がんばる気持ちを育みます!
水泳(競泳)を楽しむことで新たな目標を見出します!
がんばる仲間を応援します!
  




パルスイミング6・3では、9月度に上記のテーマを意識し、発表会、記録会を開催しています。子ども達と一緒に本番に向けて全力で練習を進める中で、達成感・喜びを感じていただき、新たな水泳の楽しさ、がんばることの楽しさの発見を目指しています。頑張る自分に対する自信。仲間を応援する楽しさの実感を通して、成長をしていってくれることを願っています。

基本データ

主 催
パルスイミング6・3
対 象
ビギナーズ・レギュラーコースのお子様
開催日
2018年9月24日(月)~9月29日(土)
会 場
パルスイミング6・3




担当者 中村祥子からのメッセージ


水泳発表会では、たくさんの保護者の方が応援に来て下さり、子どもたちもいつも以上の頑張りを見せてくれました!スタートの仕方を覚えたり、新しい泳法に挑戦したり・・・たくさんのチャレンジを見ることができました。
定期水泳記録会では、今回9個の大会新記録が樹立されました。毎週の練習で子どもたちの泳力もぐんぐん伸びています。発表会や記録会で成長を実感できたのは、1か月間の頑張りの証だと思っています。これからも、目標と楽しみを持ってチャレンジをしていただける環境を大切にしていきたいと思っています。
最後に応援に駆け付けてくださった保護者の皆様、温かい声援をありがとうございました!

安全水泳(着衣泳)
4シーズンプログラム / ビギナーズコース

テーマ 命を守る学習/着衣泳(体験)/水難事故の撲滅   



毎年6月に、ビギナーズコースを対象に着衣泳体験を行っています。6・3に通ってくれている子ども達が水難事故に遭わないように、「水の怖さ」や「有事の際の対処法」(浮標など)を、体験を通して学習していきます。
パルスイミング6・3に通えば、夏を安心して迎えられる!そんな活動を目指しています。

基本データ

主 催
パルスイミング6・3
対 象
ビギナーズコース 通常レッスン内で開催(4シーズンプログラム)
開催日
2018年6月4日~30日
会 場
パルスイミング6・3 スイミングプール




担当者 栁田からのメッセージ


水難事故に遭わないために一番大切なことは予防だと考えています。その予防力を高めるために必要なことは、「水の怖さを感じること」「着衣状態で泳ぐことの大変さを実感すること」と考え、この着衣泳体験を続けています。夏を迎えるにあたり、この経験や感覚を学ぶ、また、思い出すことで「子ども達の安全」を作っていければと思っています。
また、自身の体験だけではなく、溺者を発見した時に「119に電話する」「大人に助けを求める」「浮くものを投げる」といった対応も伝えることで、二次災害の予防や、適切な救助に繋げる学習も大切にしています。
子ども達、また準備をいただく保護者の皆様のおかげで毎年の開催に至っております。ご理解・ご協力ありがとうございます。