HOME > PALジュニア体育教室

『PALジュニア体育教室』の背景

『PALジュニア体育教室』は、パルスイミング6・3の陸上バージョンとして、2012年の春に誕生しました。
これまでパルスイミングがプールでの活動(カンガルークラブ、ジュニアスイミング)を通じて培ってきたものを、陸上での様々な運動に置き換えることができれば、子ども達のイキイキとした成長をさらに幅広くサポートできるのではないか・・・。
そんな想いで誕生したのが『PALジュニア体育教室』です。
実は、スイミングスクールが体操系の教室を開いているケースは珍しくなく、全国に多店舗展開する大手スイミングをはじめ、この三河地区においても、いくつかのスイミングスクールやスポーツクラブで体操系の教室が開催されています。


IMG_4445+.jpg

『PALジュニア体育教室』の指導方針

『PALジュニア体育教室』では、「鉄棒」、「跳び箱」、「マット運動」など体操系の運動に加えて、年間のプログラムを通じて、「かけっこ」、「なわとび」、「ボール」など、子ども達の発育・発達に欠かせない運動を取り入れていきます。小学校体育への対応はもちろん、スイミング(水泳)をはじめ、サッカー、野球、テニス、陸上競技など、多くのスポーツにおいて良い効果が期待できます。
様々な技の習得を目指す中で、私たちがもっとも大切にすることは
『できたッ!の連続が子ども達の成長を促します!!』です。
3ヶ月ごとに行われる「チャレンジ」、または普段の練習から子ども達の「できたッ!」をどんどん引き出しながら、子ども達の成長を応援していきます。

①運動神経アップ!
②学校体育、他のスポーツへの対応!!
③3ヶ月に1度の「チャレンジ」がヤル気を引き出す!!

「がんばっても、がんばっても、やっぱりできない」
という指導はしません。
『PALジュニア体育教室』は、「がんばることの大切さ」のほか、1人ひとりに合った「がんばり方」を指導することを信条としています。


IMG_4460+.jpg

IMG_4872+.jpg